キース・ジャレット(2)

f:id:shin_masume:20191128230956j:plain

The Melody At Night, With You

LP時代の私の Keith Jarrett は、1枚は「The Köln Concert」、もう1枚はヨーロピアン・カルテットの「My Song」だった。その後、レンタルCDをパソコンに取り込んで聴く時代が来るのだが(一応、「レンタル時代」ということに)、この時代によく聴いていたのは「Somewhere Before」と「Bye Bye Blackbird」だったと思う。このレンタル時代にパソコン内には随分とCDのストックを作ったのだが、「My Song」が無いのが少し淋しいところ。さて、昨今の町田ブックオフでの購入に限れば(以後、「リユース時代」ということに)、 Keith Jarrett ものでは何と言っても「The Melody At Night, With You」ではないか、そんな気がする。この1枚ほど、私の予想を裏切る Keith Jarrett は無かったからだ。ソロ・ピアノにしてスタンダード曲集、と言うだけでなく、この温和な弾き方! ジャケット・タイトル通り、正に「The Melody At Night, With You」だと思う。