キース・ジャレット(4)

f:id:shin_masume:20191229232046j:plain

My Song

LP時代の私の Keith Jarrett は、「 The Köln Concert 」と「 My Song 」であった。そしてレンタル時代、「 My Song 」とは出遇えなかった。そんな「 My Song 」にやっとブックオフの510円の棚で出遇えた。勿論、何を措いても買った。久し振りに聴いた「 My Song 」なのだが、その Jan Garbarek の音がいい。テナーとソプラノを吹いてゐるのだが、これこそがECMの音だ、と思えてならない。ま、それはそれとして、 Keith Jarrett のヨーロピアン・カルテットのCD、もう一枚くらいは聴いてみたい気がする。